介護施設で活躍する派遣看護師について

派遣看護師が介護施設に勤務する現状



看護師転職の傾向として、介護施設への転職が増えています。看護師が介護の現場に飛び込むということに疑問を感じるかもしれませんが、福祉の専門職である介護福祉士やホームヘルパーとともに、看護師が必要不可欠ともされています。
夜勤専従看護師として働くメリット

介護施設における看護師の役割は、医師と利用者との橋渡し的なものを担うことになります。医療的な措置が必要になった時に、力を発揮するのが看護師なのです。また、利用者の健康管理や投薬管理を行うのも業務です。管理業務のみならず、直接利用者と関わりを持つことによって、メンタルヘルスに対するサポートも行うことになります。

医療と介護の両側面を担う大切な職種である看護師は、現場で求められる重要なポジションなのです。高齢化がどんどん進行している時代だからこそ、新たな施設が地域で増えているのも事実です。医療機関が併設されているところも多く、専門的なサービスをすぐに提供することができる環境が整っているところも存在します。

看護師転職が介護施設に集中している理由としては、夜勤を担う割合が少ないということがあげられます。基本的には介護職のスタッフが夜勤を担当するため、看護師は日勤のみというスタイルで働くのが特徴にもなっています。これが、医療施設に勤務する看護師との大きな違いにもなっています。

管理業務が主体となる看護師の役割は、ブランクがある人にも人気です。新たな週一発店とすることができる介護施設の勤務は、看護師としての魅力を得ることができ、今までの経験の深さに関わらず新鮮さを得ることができるからこそ、働く意欲を高く持つことができるのです。

収入面での折り合いがつきやすいというのも介護施設の特徴でもあり、転職には向いているとされています。人との繋がりが強い介護施設の魅力は、技術的な向上というよりは、人間性に磨きをかける現場としても適切です。

単に自分の技術を提供するだけでなく、生活そのものに対する支援も行える介護施設は、看護師が新たに活躍できる場としても注目の的です。
東京都看護協会

小児科看護師として働く

小児科看護師といえば小児科で働く看護師のことです。 患者さんとなるのは0歳から15歳までとなっており、小児に関して学びたいと思っている方には特におすすめの職場となっています。

NICUやPICUといった職場で働くこともあるので、専門的な知識を深めることができるでしょう。 外来や病棟での仕事もあるため、小児科看護師として働きたいと思っているのであれば求人情報をよく確認し、自分のやりたい仕事に就ける職場なのか確認しておいたほうがいいです。

小児科看護師として働くからといって看護師以外の特別な資格が必要になるわけではありません。 ただ、相手にするのは大人ではなく子どもということもあり、大人の看護とはまた違った知識が必要になってきます。

そのため、働きながら身に着けていかなければならない技術や知識はたくさんあるということを理解しておく必要があります。

小児科看護師として働くうえで大切なことといえば、やはり子どもを好きな気持ちです。 たくさんの子どもと接することになるわけなので、子どもが苦手な人ではこの職場は務まらないでしょう。

また、小さな子どもは自分ではうまく不調を伝えられないこともあるので、観察力に優れている人のほうが小児科看護師として向いています。もうひとつ理解しておかなければならないのが、小さな子どもは症状が急激に悪化するケースが多いということ。

そのため、急な症状の変化などにも臨機応変に対応できる看護師でなければなりません。中でも注意が必要なのはNICUの患者です。

NICUとは新生児特定集中治療室のことで、主に未熟児として生まれてしまった子どもや、手術の緊急性が高い新生児の治療を行う職場のこと。急変時の対応を間違えてしまうと大変なことになるので、高い注意力と気配りに自身がなければ務まりません。

小児科での治療は家族との話し合いをする機会も多いので、子どもとのコミュニケーションだけでなく、大人との接し方に関することも学べるでしょう。

美容クリニックでの仕事

美容クリニックで働きたいと思っているのであれば、まずは美容外科で働くのか美容皮膚科で働くのかをよく考えておきましょう。

それぞれの違いについてご紹介します。まず美容外科クリニックについてですが、こちらは患者さんの希望に沿った外見や肉体になるように施術をするのが主な仕事です。豊胸や脂肪吸引、整形などを行うことになるのですが、看護師が担当するのは主に受付業務や手術の介助となるでしょう。

働く美容外科クリニックによって業務の内容が違うので、このあたりもよく確認しておいたほうがいいです。 また、施術で使う医療器具の滅菌や洗浄、患者さんへのカウンセリング、採血なども看護師の仕事となります。

どれも大切な仕事となりますが、中でもカウンセリングは患者さんの悩みや希望を聞くために行うものなので、上手に話を聞き出せる人でなければなりません。そのため、美容外科クリニックで働くには高いコミュニケーション能力が必要だと言えるでしょう。

次に美容皮膚科クリニックについてですが、こちらは美容を目的としている皮膚の治療や施術を行うところです。特に多い施術は、レーザー治療やアンチエイジング目的の治療、ケミカルピーリングとなっており、火傷による皮膚の損傷治療なども含まれます。

看護師が担当する仕事は美容外科クリニックとそれほど変わらないのですが、受付業務やカウンセリングの他、注射や点滴、機械の準備、施術です。

こちらの場合も美容外科クリニックと同じくカウンセリングが業務内容に含まれるため、話をするのが得意な人のほうが向いているでしょう。病院と美容クリニックの大きな違いといえば、来院する患者さんの目的が違うということです。

病院へは病気や怪我の治療目的で来院しますが、美容クリニックにはより美しくなるために来院しますよね。 そのため、淡々と業務をこなすというよりも、患者さんと信頼関係を築き、より良いサービスが提供できるように工夫するのも看護師の仕事だと言えるでしょう。