潜在看護師さんの復職を応援しています!

潜在看護師が世間から求められる理由

潜在看護師を発掘し、戦力として利用する流れが増えています。その理由としては、病院側の施設基準の絡みがあり、ある程度の人材を確保しなければ、診療報酬増に繋げることができないという状況があるからです。 看護師の資格を持っていても、現場では働いていない潜在看護師が多くなっているのはどうしてなのでしょう。

色々な理由があるものの、現場で働くことがなくなってしまった理由としては大きく2つに分けられます。1つは現場の雰囲気や待遇に合わなかった。もう1つは結婚や妊娠・出産のタイミングを区切りとして、勤務形態が合わなくなってしまったため現場を離れてしまうというものです。

現場の雰囲気や待遇に合わなかったという場合には、新たな環境が魅力的に感じると、職場復帰がスムーズになります。特に人間関係が原因で現場を離れてしまったという場合には、新たな現場で活躍する可能性も高まります。要は良い環境にさえおかれれば、働く意欲は倍増するからです。

最近は看護師が活躍できる現場も増えており、単に病院だけでなく、福祉施設や企業への就職も可能。治験コーディネーターなど、対患者だけの業務ではない新鮮なジャンルに進むことも可能です。

もう1つの理由としてあげられる勤務形態による離職については、無理のない範囲で看護師として働く現場が見つかれば、新たな出発ができるようになります。正職員の募集のみならず、パートでの採用も増えているのが現状。週に1度の勤務から、自分が働ける頻度を相談しながら勤務に当たることも現在では可能なところが増えています。

こうした現状を踏まえて、潜在看護師に看護業界の現状を知ってもらうことによって、ブランクがあっても現場に復帰し、新たに活躍する資源が増えているのです。医療の知識や技術は日々進歩を遂げています。今まで当たり前だったことがひっくり返るということもあるため、丁寧な教育を行っているところも増えています。

だからこそ、潜在看護師であったとしても、職場復帰が円滑に行えるようになっており、施設側も多くの人材を求め、良い看護の提供を目指しているのです。